筋トレを優先させる理由

更新日:2021年12月23日

こんにちは!新潟県上越市下門前のパーソナルトレーニングジムReLiFE、トレーナーの博田剛です!


今回は、

筋トレを優先させる理由

についてご紹介していきます。



1. 健康の維持・向上に欠かせない筋肉

2. 有酸素運動と筋トレ

3. 6つのお身体チェック方法

4. 骨格・姿勢に合わせた筋トレ




健康の維持・向上に欠かせない筋肉


①基礎代謝量


筋肉は、立つ座る・歩くなどの身体を動かすだけでなく、呼吸・食事に関しても筋肉がないと行うことができません。


また、筋肉量が下がると基礎代謝量が下がります。


基礎代謝量とは、寝ていても消費してくれるカロリーで、年齢と共に「痩せにくくなった」「体力の衰えを感じる」という方は筋肉量が落ちて脂肪の蓄積が増えることで、生活習慣病のリスクが高くなります。



②ロコモティブシンドローム


現在、メタボリックシンドロームよりも問題視されているロコモティブシンドロームは、


運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態」


のことを指し、要支援・要介護者の24.8%の原因となっています。


まとめると、身体能力(移動機能)が低下した状態が、ロコモティブシンドロームです。こちらが進行すると、将来介護が必要になるリスクが高くなります。


こうした生活習慣病やロコモティブシンドロームのリスクを下げて、健康寿命(健康で日常生活を送れる期間)を長くするためにも筋肉をつけていきたいですね。

 



有酸素運動と筋トレ


筋肉の重要性がわかったところで、有酸素運動はどうでしょうか。どちらも健康的なイメージがありますが、目的がそれぞれ違います。


・有酸素運動

  • 脂肪燃焼に効果的。

  • 血液の循環を良くしてくれる。

  • 成長ホルモンが分泌されやすい。


・筋トレ

  • 筋肉を付けるのに効果的。

  • 弱った筋肉を鍛え、姿勢を整えることが出来る。

  • 痩せ体質になりやすい。


このように有酸素運動も筋トレにもメリットがあることがわかります。ただ、有酸素運動に関しては、行いすぎると筋肉量が落ちてしまい、基礎代謝量が下がりやすいです。


おすすめは、筋トレをメインで行い、有酸素運動は30分以内で行なうと、筋肉量を維持したまま脂肪を燃焼しやすくしてくれます。




6つのお身体チェック方法


ここで、現在のお身体の状態をチェックしていきましょう。


⬜︎以前着てた服が着れなくなった

⬜︎体重を自分では戻せなくなった

⬜︎前よりも痩せにくくなった

⬜︎体力が落ちた・疲れやすくなった

⬜︎体調を崩しやすい

⬜︎体温が下がった


今までのお身体と比べていかがでしょうか。


もしこちらのチェックが2つ以上ついた方は、運動不足や基礎代謝が下がっている可能性が高いです。




骨格・姿勢に合わせた筋トレ

 

大事なことは、その方の骨格・姿勢に合わせたストレッチや、足りない部分を補う筋トレを行うことです。


ユーチューブを見て、同じようにトレーニングを行っても上手く動作が出来なかったという方は、その筋トレの前に正しい動作を習得する必要がある訳ですね。



機能改善 ストレッチ 筋トレ
徒手抵抗を使ったキャット&ドッグ

 

パーソナルトレーニングジムReLiFEでは、その方の骨格・姿勢に合わせたオーダーメイドのトレーニングメニューをご案内しています。


現在、ペアストレッチの無料体験も行なっておりますので、その際に「自分に合ったトレーニング」についてお気軽にご相談下さい!



閲覧数:77回1件のコメント

最新記事

すべて表示